· 

財政金融委員会

標記委員会で国際観光旅客税を審議しました。

 

ビジネス目的の外国人や日本人旅行者にメリットが感じられず、負担と受益の関係について納税者の納得が得られるかという指摘がありました。

 

また、特定財源は既得権化しやすいことや、使途をいかに限定するかという論点についても議論されました。