· 

本会議

麻生財務大臣より、国際観光旅客税の趣旨説明がありました。

 

出国時に千円を旅客に課税するもので、事業者から特別徴収されます。2019年1月7日から施行予定です。

 

今後、財務金融委員会で審議されます。

 

また、国際観光振興法案が可決されました。

 

①促進計画を広域で策定②公共交通事業者の努力義務の拡大③国際観光旅客税の使途規定という内容です。

 

財源と使途の両面から、インバウンド4000万人を目指します。