· 

年金制度

参議院自民党政審で、権丈善一慶大教授に、年金制度を中心に講話を頂きました。

 

権丈先生は社保審座長など、政府の要職を歴任された、我が国社会保障制度の権威であります。

 

・年金制度が世代間の負担調整のみならず、所得格差の調整機能を担っている。

・受給開始年齢を選択制にすることで、企業は保険料引き上げか雇用延長かの選択に迫られ、高齢者雇用が促進される。

・高齢者雇用が被保険者を増やし年金財政を強化する。

 

ともすれば年金制度は後ろ向きでディフェンシヴな議論になりがちですが、権丈先生のお話は大変刺激的で、かつ希望の持てるお話でした。