· 

水産総合調査会

標記会議で遠洋・沿岸漁業について審議しました。

 

資源管理や海技士の不足などが主な論点として取り上げられました。

 

この後、小林史明衆議院議員の研究会で水産物のトレーサビリティについても議論しました。