· 

自動運転

IT戦略特命委員会で標記議題について審議しました。

 

トヨタとDNAからヒアリングを受けました。

 

たしかに、ハード面では日本企業に優位性がありますし、ソフト面でも米中に次いで第2グループにはつけていると思います。

 

しかし、社会実装の段階で、①日本人のリスクコントロールに対する要求値の高さ、②それに応える運輸行政の岩盤規制によって、日本は世界に大きく遅れてしまうのではないかと危惧しています。

 

自動運転は私たちの生活を一変させます。官民挙げて英知と資金を投入し、自動運転社会を築き上げて行かねばなりません。