· 

水田農業振興議連

標記会議で、30年産米の作付け動向について審議しました。

 

生産調整が見直され、国は作付け動向の情報提供を行い、地域の再生協議会が生産数量目標を作成することとなりました。

 

29年産は試行的に取り組み、結果として米価の向上につながりました。30年産も、今のところ、米価を維持できるような動向となっています。

 

しかし、作柄の状況次第では不確定なところもありますし、29年産では市場とのミスマッチが見られました。

 

当面は国が大きく関与しながら、この仕組みを安定させていくことが必要です。