· 

終末期医療

終末期医療ガイドラインの改訂について審議しました。


予め自分の終末期の医療・ケアについて、家族等と文書で確認しておくACP(advance Care Planning)を活用していくという方向性です。


日本人の死生観・家族観に鑑み、法律で厳格に尊厳死を規定するより、ACPのような柔軟な仕組みの方が相応しいと考えます。


これから、どのように国民にACPを普及啓発していくかが、大きな課題となります。